Illustratorにあるエンベロープ機能の使い方!をご紹介しましょう。
今回はillustratorのエンベローブ機能の操作など使い方をしっかり身につけましょう!編集例もご紹介してますのでぜひ参考にしてください。

エンベロープ機能とは

Illustratorのエンベロープ機能は、選択したオブジェクト自身を変形したり、別のオブジェクトに合わせて変形することができる機能です。
エンベロープ機能は「オブジェクトメニュー → エンベロープ」から使用します。
エンベロープの作成方法は大きく分けて3つあり、「ワープで作成」「メッシュで作成」「最前線のオブジェクトで作成」といった手法があり、文字や図形を非破壊に変形することができます。

「ワープで作成」は、豊富に用意されたスタイルから好きなものを選び、水平方向と垂直方向の2種類の指標を動かすだけで直感的に変形を行うことができる手法です。
「メッシュで作成」は、メッシュをオブジェクトに設定し、メッシュの網目が交差するポイントを動かすことで自由に変形させることができる手法です。
「最前面のオブジェクトで作成」は、テキスト等をその上にあるオブジェクトの形に沿って変形させることができる手法になります。

エンベロープの編集例を紹介!

Illustratorのエンベロープ機能での編集例を紹介します。便利なものばかりですので、是非参考にしてくださいね!

「ワープで作成」の編集例

豊富に用意されたスタイルから好きなものを選び、変形をかけることができます。エンベロープをかけた後も、調整は自由自在です。エンベロープの形はいくつかのアンカーポイントで制御されているので、ダイレクト選択ツールなどを使い変形の微調整が可能です。

これは他のエンベロープの手法でも同様ですが、エンベロープをかける前の情報は破壊されていないので、テキスト編集の場合はエンベロープをかけた後にテキストの打ち換えやフォントの種類を変更することも可能です。
「ワープで作成」の編集例

「メッシュで作成」の編集例

例として、適当な図形に文字をのせたオブジェクトを用意します。こちらに「行数:4、列数:4」の設定でエンベロープ「メッシュで作成」を適用します。
すると、行と列に分けてメッシュ状のアンカーポイントが作成されますので、ダイレクト選択ツール等をつかって自由に変形することができます。
こちらの手法ならば、「画像を変形し特定の箇所に当てはめたい場合」のような、画像の拡大・縮小や回転だけでは解決しない場面でも対応することができます。
「メッシュで作成」の編集例

「最前列のオブジェクトで作成」の編集例

「ワープをかけたい形状の図形」と「テキスト」ふたつのオブジェクトを用意します。図形を重ね順の最前面に設定した状態でふたつのオブジェクトを選択し、「最前面のオブジェクトで作成」をかけることで図形の形にエンベロープがかかります。
最前面のオブジェクトで作成

Illustratorにあるエンベロープ機能の使い方!まとめ

Illustratorにあるエンベロープ機能の使い方!をご紹介しました。今回のポイントをまとめていきますね。

  • エンベロープは「ワープ」「メッシュ」「最前面のオブジェクトで作成」の手法で文字や図形を非破壊に変形できる
  • 画像にメッシュでエンベロープをかけると自由変形ができる

 
イラレのエンベローブの操作はもうバッチリですね。ぜひ編集例を参考に使いこなせるようにしましょう!