今日はイラレで文字をつなげる加工方法をご紹介します。
ここでは、Illustratorで文字の配置を調整・アンカーポイントの削除ツールを使う・ブラシツールを使ってつなげる編集方法を学びましょう!

文字の配置を調整する

文字の配置を調整する

Illustratorで文字ツールを使って加工したいテキストを用意します。
まずはテキストをアウトライン化します。アウトライン作成のショートカットはShift+Ctrl+O。頻繁に使うので覚えておきましょう。
アウトライン化した直後の文字列はグループ化されているので、個別に操作するためにグループを解除します。
文字を移動して、文字ごとの線が重なるように配置を調整していきましょう。

アンカーポイントの削除ツールを使う

アンカーポイントの削除ツールを使う

配置が終わったら、パスファインダーパネルの形状モード:合体を使ってひとつのオブジェクトにつなげる操作を行いましょう。
文字のつなぎ目の余分な箇所はアンカーポイントで整えていきます。
余分なアンカーポイントを削除してパスの形状を調整していくわけですが、ダイレクト選択ツールでアンカーポイントを選択して削除してしまうとパスのつなぎ目が途切れてしまいます。「アンカーポイントの削除ツール」をつかえばパスのつながりを維持しつつ指定のアンカーポイントのみを削除することができます。

ブラシツールを使って文字をなめらかにつなげる

ブラシツールを使って文字をなめらかにつなげる

文字どうしをなめらかな曲線でつなげるには、ブラシツールで線を描き「オブジェクトメニュー → アピアランスを分割」で輪郭をパスに持つオブジェクトに変換して調整していきます。
パスの細かい調整は後からできるので、大まかな形をとるように曲線を描きましょう。不自然な部分はアンカーポイントツールの操作で線をなめらかに繋いでいき自然なつなぎ目に調整しましょう。
全体の調整すれば、Illustrator上の操作で文字をつなげる加工の完了です!

イラレで文字をつなげる加工方法!まとめ

イラレで文字をつなげる加工方法!をご紹介しました。今回のポイントをまとめます。

  • 文字をつなげるには、アウトライン化してから文字を配置しパスファインダーで合体!
  • アンカーをつなげる時は、アンカーを選択して消すとパスが途切れるので「アンカーポイントの削除ツール」で行う。

 
illustratorで文字の編集や加工してつなげる方法をお伝えしましたが、ご理解いただけましたか。雰囲気のある文字を作ってあなただけの世界観を楽しんでくださいね。