今回は、Excelのスパークライン機能についてご紹介していきたいと思います。
スパークライン機能は、セルの中に折れ線や縦棒といったグラフを挿入することができます。数値だけではわかりにくいデータの大小や傾向もひと目でわかるので、データの視覚化に使える機能です。
スパークラインとは何か、Excelでスパークラインを作成する方法についてご紹介していきます。

エクセルのスパークラインってどんな機能?

まずは、エクセルのスパークライン機能についてご紹介していきます。
スパークラインとは、複数のセルに入力されたデータをもとに、別のセルにグラフとして表示できる機能です。
Excelでは、3種類のスパークラインが使えます。

  1. 折れ線スパークライン:データの推移を表す
  2. 縦棒スパークライン:データの大小を表す
  3. 勝敗スパークライン:データの正負を表す

データを視覚化する目的に応じて、スパークラインの種類を選んで活用することができます。

エクセルのスパークラインはどういう時に使える?

スパークラインは、複数のセルのデータを別のセル内でグラフにして、データを可視化することができる機能ですが、それぞれの使い方について詳しく見ていきましょう。
例えば折れ線スパークラインでは、気温や年ごとの売上の推移など、データの変化を見たい時に有効です。
また、縦棒のスパークラインは、売上高などといったように、単純にデータの数値の大小を比較したいときに使います。

スパークラインの作成方法

それでは、Excelでスパークラインを作成する方法についてご紹介していきます。

  1. スパークラインを作成したい範囲を選択しておく
  2. 「挿入」タブ→「スパークライン」グループ→スパークラインの種類を選択
  3. 「データ範囲」でスパークラインにしたいデータの範囲を選択
  4. 「場所の範囲」でスパークラインを配置する範囲を選択
  5. 「OK」をクリック

これでスパークラインを設定することができますが、スパークラインの作成では、軸を揃えることが重要です。

最小値と最大値の設定が大事

Excelの初期設定では、それぞれのスパークラインのデータの最小値と最大値をもとにしてグラフが作られるため、単純にスパークライン同士を見比べてデータの比較をすることができません。
スパークラインを比較したい場合は、各スパークラインの軸の設定を変更する必要があります。

  1. スパークラインを選択し、「スパークライン」タブ→「グループ」→「軸」をクリック
  2. 「縦軸の最小値のオプション」、「縦軸の最大値のオプション」の設定を「すべてのスパークラインで同じ値」に変更
    ※任意の値に設定するときは「ユーザー設定値」から設定する

そうすると、すべてのスパークラインの最小値と最大値が統一されるので、グラフを見て比較ができるようになります。

まとめ

今回は、Excelのスパークライン機能についてと具体的な作成方法、軸の設定変更の方法についてご紹介しました。
縦棒や折れ線といったグラフにすることで、データを視覚化することができるので、分析資料などのビジネスシーンで活用することができます。
やり方を覚えて、スパークライン機能を使いこなせるようになりましょう。