Illustratorを使ったフラワーリースの作り方!をご紹介します。
今回は、イラレの基礎的操作でシームレスなリースデザインを作成する方法をお伝えします。覚えておくとデザインの幅が広がりますよ♪

イラレを使った、シームレスなリース状のデザインを作成する方法

イラレを使った、シームレスなリース状のデザインを作成する方法

Illustratorを使ってシームレスなリース状の花のデザインする方法を解説します!
全体的には、作成したデザインをブラシに登録し、円形のパスに適用するという流れとなります。

まず、花のデザインを作っていきます。今回は手書き調の雰囲気を出すためにペンツールではなくブラシツールで作成しています。ブラシに登録する際に困らないよう、水平方向で作成しましょう。
フラワーデザイン

完成したデザインをブラシに登録します。デザインが選択された状態でブラシパネルからメニューを開き、「新規ブラシ → 種類:パターンブラシ」で登録しましょう。オプションの数値等の設定は、後から調整可能です。
ブラシの登録が完了したら、楕円形ツールで正円を描き、新規に登録されたブラシを適用することで簡単にリース風のフラワーデザインを作図することができます。
リース調デザイン

ブラシパネルから作成したブラシをダブルクリックするとパターンブラシオプションが開くので、拡大・縮小やつなぎ目の間隔等の数値をお好みに調整しましょう!色を変えたい場合は着色の方式を「色相のシフト」に変更すると、線の色に設定している色が反映されます。

この時点ではパスの情報が残っているので、オブジェクトとして個別に編集を行いたい場合は「オブジェクトメニュー → アピアランスを分割」を行う必要があります。分割直後はグループ化されているので、グループ解除を行うことで個別に移動や微調整が可能になります。
アピアランス分割後のオブジェクトには、パターンブラシオプションからの設定の変更は影響しません。パターンの大きさや間隔の設定をしっかりと決定した後にアピアランスの分割を使いましょう。

Illustratorを使ったフラワーリースの作り方!まとめ

Illustratorを使ったフラワーリースの作り方!をご紹介しました。今回のポイントをまとめます。

  • リース状のシームレス(つなぎ目のない)デザインはパターンブラシで作成することができる。「ブラシ→新規ブラシ→パターンブラシ」
  • パターンの間隔や大きさは後からブラシパネルからブラシをダブルクリックし編集することができる。

 
基礎操作で簡単にリースデザインを作成する方法をお伝えしましたが、いかがでしょうか。はまると抜け出せなくなるくらい楽しいので是非参考に取り組んでみてくださいね♪