Excel関数を使って計算をしようと入力すると出てしまうエラー。なぜエラーが出るのか、エラーが出たらどのように解消するのかを知りたいと思っても、いざエラーが出ると慌てて消してしまう、という方も多いのではないでしょうか。
今回は、Excel関数や計算の際に出るエラー(#DIV/0!、#N/A!、#VALUE!など)について、エラーの意味や原因、エラーの解消方法についてお伝えしていきたいと思います。

よくあるExcelエラー値の種類と意味の一覧表

まずは、Excel関数の入力で出るエラー値の種類と意味を一覧にしてみました。

エラー値読み意味・原因・対処法
#DIV/0!ディバイド・パー・ゼロ0(ゼロ)または空白で除算(割り算)している場合に出るエラーです。数式や関数の引数を修正することで解消できます。
#VALUE!バリュー数値を指定するべき引数に文字列を指定したりするなど、関数の引数の形式が違う場合に出るエラーです。引数を修正することで対処します。
#N/Aナム関数や数式の処理に必要な値(データ)が入力されていない場合に出るエラーです。数式や引数、参照先のデータを修正することで解消することができます。
#REF!リファレンス参照先のセルのデータを移動・削除したことによりセル参照が無効になった場合に出るエラーです。数式や引数の指定を修正します。
#NAME?ネームExcel で定義されていない関数名や名前が使用されている場合に出るエラーです。スペルが間違っていることがほとんどですので、該当の部分を修正することでエラーを解消します。
#NUM!ナンバー数式や関数の引数内で指定した数値が不適切であるか、計算の処理が正しくできない場合に表示されるエラーです。数式内のセル参照や引数を修正します。
#NULL!ヌル関数の引数のなかで半角スペースを指定したものの、指定したセルやセル範囲に共通する部分がないときに出るエラーです。共通部分がないときは「:」や「,」を使います。

 

エラー値を文字に変換可能?IFERROR関数について

Excelで数式や関数を入力するとエラーが発生してしまう場合にIFERROR関数を使うと、指定した文字列に変換して返すことができます。
IFERROR関数の書式(入力方法)をご紹介します。引数は、「値」と「エラーが出た場合の値」の2つです。
「値」にはこのセルで行いたい式や関数を入力します。エラーが出なければ結果をそのまま返します。
「エラーが出た場合の値」には、エラーが出た際に返す値を指定します。一般的にはエラー値を空白や指定の文字列に変換して返すことが多いです。

VLOOKUP関数を組み合わせたIFERROR関数の使い方

IFERROR関数のエラー処理の応用編として、VLOOKUP関数と組み合わせた使い方もご紹介していきます。
VLOOKUP関数は、検索値をもとにセル範囲のリストから数値や文字列を検索して返す関数ですが、検索値として参照先のリストにないものを入力したりすると、データが見つからないため、#N/Aのエラーが出てしまいます。
IFERROR関数の1つ目の引数にVLOOKUP関数を入力し、2つ目の引数にはエラーだった場合に表示する値(空白または0(ゼロ))を指定します。

まとめ

Excelの数式や関数の結果で出たエラー値の意味や解決方法についてご紹介しました。
エラーが出ると慌てて消してしまっていた方も、エラー値が表示される意味や対処方法を覚えておけば、いざエラーが出ても困ることはありませんね。
効率よくExcelでの入力ができるようになりますのでぜひ覚えてみてください!