パソコンの操作には欠かせないキーボード。長年使っているとキーボードの動きが悪くなったりする事はありますね。原因の1つに汚れがたまってしまっているという事もあります。また、よくあるのはキーボードにコーヒーなどの飲み物をこぼしてしまった場合とかですね。中の方まで掃除したくなると思います。
でも掃除をしようとしてもキーボードの文字を打つキー(キートップ)が邪魔で掃除が出来なかったりしますね。今回はこのキートップの外し方について紹介します。

キーボードの種類に気を付けましょう!

 

 
キーボードを文字のキーを外す前に、キーボードの種類に気を付けましょう。
どんな種類なのかによって、外し方が変わって来ます。
種類としては大きく分けると2種類になります。

  • Windowsなどのデスクトップパソコンのキーボード
  • MACやノートパソコンのキーボード

こんな感じです。見た目としてはキートップの厚みの違いで、ノートパソコンなどのキーボードでは、文字を入力するキーの厚さがデスクトップパソコンのキーボードよりも薄いです。
この2つについては、キートップのくっつき方の構造が違う為、外し方も違う事になります。
外す時はどちらも気を付けないといけませんが、ノートパソコンのキーボードの方が部品的に壊れやすい所がありますので、より気を付けないといけないです。

キーボードのキートップを外してみよう!

キーボードを分解してみよう

ではそれぞれの種類についてキートップの外し方を確認して行きましょう!
その前に準備する物ですが、マイナスドライバーを用意しましょう。大きさはキーボードの大きさによって変わりますが、細めのドライバーの方がキーの隙間に入れやすいのでよいかと思います。
準備が出来たらキーボードを分解してみたいと思います。

デスクトップパソコンのキーボードのキートップの外し方

 
デスクトップパソコンのキーボード
 
まずはデスクトップのキーボードです。
外すと言っても難しい事はそれほどありません。基本的にはキーを上に引っ張れば取れます。
ただ手で引っ張るのは難しいですし、爪が痛くなりますのでやめましょう。
やり方としてはドライバーを隙間に差し、てこの原理を使って上に持ち上げる感じです。
動画を上に張っているので確認してみて下さいね。
ちなみに元に戻す場合も、上から押し込めばOK!簡単ですね。
ただキーを詰めている爪の部分が壊れると戻せなくなるので、気を付けながらやりましょう。

ノートパソコンのキーボードのキーの外し方

 
ノートパソコンのキーボードの外し方
 
ではその次にノートパソコンのキーボードの方です。
考え方はデスクトップの時と同じで、上に引っ張れば外れます。マイナスドライバーを隙間に差して上に持ち上げる様にしてみましょう。これで外れます。
この時に気を付けないといけないのは、キーを止めている部品がある事です。この部品の爪の部分はかなり小さい為、無理やりやると爪の部分が壊れてしまいます。これが壊れるとキーがちゃんと戻らなかったりする訳です。
これもやってみた動画を貼っているので、内容を見てみて下さいね。

キーボードって分解できる?キートップの外し方を知ろう|【まとめ】

今回はキーボードの分解という事で、キートップの外し方について紹介しました。
ノートパソコンやMACのキーボードの場合は部品が細かいのでかなり気を付けないといけません。外す時には、ゆっくりと落ち着いて外すようにしましょう。
後は元に戻す時に、どの位置に何の文字のキーがあったか忘れない様にしてください。タイピングになれている人であれば大丈夫だと思いますが、キーを見ないと入力出来ないという人は、最初の状態を写真にとっておくなどして、分からなくならない様にしましょうね。