今回はパソコンの画面をそのまま画像として保存する方法、いわゆるスクリーンショットのやり方について紹介します。
スマホにもスクリーンショット機能がありますよね。調べた結果の画面を保存しておく時に活用している人もいますよね。それをパソコンでやるにはどうしたらいいでしょうか?今回もWindowsでの方法になりますが、実はやり方は1つではないんです。ツールがいくつか用意されているのでうまい事活用して行く事が大切ですね。どんなやり方があるのか紹介しますので参考にしてみて下さいね。

キーボードにある『Prt Scrキー(プリントスクリーンキー)』を活用する

まずは1つ目がキーボードについている機能を活用したスクリーンショットのやり方です。
キーボードには『プリントスクリーンキー』と言われるキーがあります。キーの表記や位置は様々です。
ノートパソコンだったら、Fキーの所に割り当てられていたりしますし、デスクトップのキーボードだとバックスペースキーの右側にあるdeleteキーの並びの上に方にあったりします。
『Print Screen』って書いてあったり『Ptr Scr』みたいな省略系で書いてあったりするのでそんな文字が無いかなって探してみて下さい。

『Prt Scrキー』でスクリーンショットするにはどうする?

さてこれを使ったやり方ですが、プリントスクリーンキーを押すと画面全体をコピーした状態になります。
後は貼り付けたい所で貼り付けをすればOKですね。
貼り付ける時は右クリックのメニューからでも、ショートカットキーの『Ctrl + V』でもいいですよ。
やりやすい方でやってみて下さいね。

画像を貼り付けました。

アプリケーションの『切り取り&スケッチ』を活用する

2つ目はアプリケーションを使ったやり方で『切り取り&スケッチ』でのやり方です。これはWindows10に標準装備されているアプリになります。
キーボードからの方法と違うのは画面全体ではなく、画面の一部分だけを切り取る事が出来るのが違う所です。
必要な部分だけを保存出来るので便利ですね。

『切り取り&スケッチ』で画面の一部分をスクリーンショットするにはどうする?

実際の操作をしてみましょう。これを使う時にはショートカットキーから使う事をおすすめします。
ショートカットキーは『Windowsキー + shiftキー + Sキー』で起動します

切り取りあんどスケッチを起動しました

画面が暗くなるので切り取りたい部分をドラッグして選択すればOKです!

切り取りたい所を選択します

後は貼り付けたいデータに張り付けちゃってくださいね。

画像を貼り付けました

アプリケーションの『Snipping Tool』を活用する

3つ目もWindowsに入っている『Snipping Tool』を使うやり方です。
これもアプリケーションなんですね。切り取り&スケッチと同じく画面の一部分を切り取れます。
違うのはWindows7など前のバージョンからあったので以前のバージョンを使っている人はこっちを活用しましょう。

『Snipping Tool』で画面の一部分をスクリーンショットするにはどうする?

これを使うにはまずアプリを起動しましょう。
下の検索ボックスに『Snipping Tool』と入力すると出てきます。『Sni』くらいまででも出てきますので出てきたら起動させましょう。

スニッピングツールを起動しました

新規作成をクリックすると画面が白くなるのでドラッグして切り取り範囲を選択します。

切り取り範囲を選びます

選んだ部分が表示されるのでファイルメニューから保存をしてください。
これで画像として保存できました。

画像が切り取られています

WordやExcelの『スクリーンショット』機能を活用する

最後はofficeソフトであるWordやExcelについている機能を使ってみましょう。
挿入タブの中に『スクリーンショット』という機能が入っているのでこれを活用します。
WordやExcelに張り付ける為にスクリーンショットが必要という事であれば、この方法が一番早いかなと思います。

『スクリーンショット』機能で画面の一部分を切り取るには?

ワードを使ってやってみましょう。挿入タブをクリックするとリボンの中にスクリーンショット機能が入っているのが分かりますね。
クリックして画面の領域を選択しましょう。

スクリーンショットを選択します

画面が白くなったらドラッグして範囲選択します。

範囲を選択します

これだけでWordの中に画像が入るんですね。
いちいち貼り付けなどの必要もないのでかなり便利ですよね。

Wordに張り付けられました

Windowsでスクリーンショットを撮るにはどうする?|【まとめ】

さて今回はWindowsでのスクリーンショットの方法として4つのやり方を書きました。
既に使った事がある人もいるかと思います。話を聞いているとプリントスクリーンキーしか使った事ないという話も出てきますね。
これらのやり方は用途に合わせて使い分けたり、これまでと同じ様に自分のやりやすいやり方でやってみたりするのが一番ですね。まずは試してみる事にしましょう。
ただし、もしかしたらWindowsでは『切り取り&スケッチ』を推奨している感じがあるので『Snipping Tool』の方はいずれ無くなるかもしれませんので注意しておいてくださいね。