Illustratorでキラキラを作る方法!【ホログラム・ラメ編】をご紹介します!
ファンタスティックな世界が広がるキラキラ素材をillustratorでデザインしてみましょう。
今回は、illustratorの基本操作で簡単にラメとホログラムグラデーションを作成する方法と手順をお伝えしていきますね。

ラメの作成方法・手順を紹介!

早速、lllustratorでラメを作成する手順をご紹介していきますね。
まずはベースとなる塗りを長方形ツールで作ります。線無しの設定で、色は暗めの色(金色のラメなら黄土色等)で作成しましょう。
作成したベースの塗りにアピアランスで効果を追加していきます。

次に、アピアランスパネルの「新規塗りの作成」から効果を加えた塗りを重ねます。
「効果:テクスチャライザー」の効果をかけたブラックの塗り(描画モード:スクリーン)、
「効果:ちりめんじわ」の効果をかけたグレーの塗り(描画モード:覆い焼きカラー)を重ねることで、ラメの効果を表現することができます。

更にその上にオーバーレイの描画モードで塗りを重ねることで簡単に色味の調整し、よりキラキラしたエフェクトに近づければラメの完成です!もちろん作成したラメ表現を自作ブラシや文字に転用することもできますよ。

ラメの作成見本

ホログラムグラデーションの作成方法・手順を紹介!

お次はIllustratorでグラデーションを使ってホログラムを作成する手順をご紹介します!

ホログラム表現の正方形オブジェクトを作成

はじめに、長方形ツールで横長の長方形を作成し、塗りをグラデーションに切り替えます。今回は例として赤色の塗りで進めていきます。
グラデーションの設定は赤・白・赤となるように設定します。白のハイライトの位置を真ん中ではなく左右にずらすことが、キラキラ感を出すポイントです。

次に、オブジェクトを変形し正方形のホログラムオブジェクトに形を整えます。

  1. 「オブジェクトメニュー→エンベロープ→メッシュで作成(行数:1、列数:1)」の設定を加える
  2. エンベロープオプションで「線形グラデーションの塗りを変形」にチェックを入れる。
  3. 「効果メニュー→ワープ→円弧(カーブ:100%、水平方向:0%、垂直方向:100%)」でオブジェクトを扇状に変形する。
  4. 「効果メニュー→パスの変形→変形」から反転した状態でオブジェクトを複製し円形の形にする。
  5. 正方形の形でクリッピングマスクすることでホログラムの正方形が完成!

 
ホログラム表現の正方形オブジェクトを作成

ホログラムグラデーションのパターンを作成

完成したオブジェクトをパターンとしてスウォッチに保存しましょう。
パターンオプションから「オブジェクトをタイルサイズに合わせる」にチェックを入れてあげれば、ホログラムグラデーションパターンの完成です!
あとは、上に描画モード:カラーのグラデーションを重ねて色味を変更したり、よりギラギラした加工を重ねることでお好みに調整しましょう!

ホログラムグラデーションの作成

Illustratorでキラキラを作る方法 まとめ

Illustratorでキラキラを作る方法!【ホログラム・ラメ編】をご紹介してきました。
みなさん、いかがでしたか。illustratorの基本操作で簡単にキラキラのデザインができましたね!
作成のポイントはこちらです。ぜひいろいろなキラキラでオリジナルのデザインを作ってみてくださいね!

  • ラメは効果を重ねて作成。色味をオーバーレイの塗りで調整する。
  • ホログラム独特のグラデーションは、エンベロープでグラデーションを変形して作成する。