INTRATE関数(イントレート),RATE関数(レート),NOMINAL関数(ノミナル)のご紹介です。

INTRATE関数

INTRATE関数で割引債の利回りを求めることが出来ます。
割引債を購入し、満期日まで保有した場合に得られる収益の利回りを求めれるんです。

書式は、=INTRATE(受渡日, 満期日, 現在価格, 償還価額, 基準)になります。
受渡日 :債券の受渡日(購入日)を指定します。
満期日 :債券の満期日(償還日)を指定します。
現在価格 :額面100に対する債券の現在価格を指定します。
償還価額 :額面100に対する債券の償還価額を指定します。
基準 :日数計算に使われる基準日数(月/年)を表わす値を指定します。
0または省略 30日/360日(米国方式)
1 実際の日数/実際の日数
2 実際の日数/360日
3 実際の日数/365日
4 30日/360日(ヨーロッパ方式)
引数は、以上の様に利用します。

例1:下図の様に、全額投資された証券の利率を求めて見ましょう。

「E3」に、=INTRATE(A3,B3,C3,D3,1)と入力します。引数の「基準」には実際の日数で計算させます。

ポイント:受渡日に債券の発行日を指定すれば、発行時から期時までの応募者利回りを求めることができます。
     割引債では、売却時の価格が額面と等しい場合は「償還価格=投資額+利益」と考えられるので、INTRATE関数を使って返すことが出来ます。

RATE関数

RATE関数は毎月10万円で3年間積み立てて目標500万円を実現する場合に必要な利率は?
といった、ある期日までに、定額払いで、目標金額を達成するには利率がどれぐらい必要か?を計算したりします。
書式は、=RATE(期間, 定期支払額, 現在価値, 将来価値, [支払期日], [推定値])になります。
引数は以下になります。
期間 :支払期間(回数)
定期支払額:毎回の支払額
現在価値 :現在の投資額・支払額
将来価値 :将来の投資価値・目標金額
支払期日 :期末(0または省略)または期首(1)
推定値 :推定の利率。省略時は10%

例1:5年間で100万を借り入れるとします。毎月の定期支払額は18,000円だと月の利率はいくらになるか計算してみます。
月末に支払うものとします。以下の図を参照してください。

「D3」のセルには、=RATE(A3*12,B3,C3,0)と入力します。「0.256%」%表示にして小数点3桁まで出す設定をします。

NOMINAL関数

指定された実効年利率と 1 年当たりの複利計算回数を元に、名目年利率を返します。
書式は、=NOMINAL(実効利率, 複利計算回数)になります。
引数のは以下を返していきます。
実効利率 : 必ず指定します。 実効年利率を指定します。
複利計算回数:必ず指定します。 1 年あたりの複利計算回数を指定します。

実効年利率は、所定の期間にわたる複利計算のために調整される金利です。
簡単に言えば、実効年利率は、複利計算を考慮した後、投資家が1年間に獲得(または支払う)できる利子率です。

銀行の預金や投資信託などの金融商品を運用する場合、利息の計算方法が2種類あります。
複利計算と単利計算とがあり、それぞれ利息の計算方法や元本へ組み入れるかどうかが異なります。
複利計算とは配当金を受け取らず利息や利子を元本に組み込む方法です。
利子にも利子がついていくこととなり、長期で運用すると単利法より資産が増加します。

名目年利率とは、銀行などの金融機関が示す利率のことです。

例1:実行年利率が0.015で複利計算回数が4回の場合には名目年利率はいくらになるかを計算してみます。
下記の表を参照してみます。

「B3」に=NOMINAL(B1,B2)と入力します。

結果は「0.014916」になりました。

INTRATE関数,RATE関数,NOMINAL関数のまとめ

INTRATE関数は、割引債を購入し、満期日まで保有した場合に得られる収益の利回りを求めれるんです。
受渡日に債券の発行日を指定すれば、発行時から期時までの応募者利回りを求めることができます。
割引債では、売却時の価格が額面と等しい場合は「償還価格=投資額+利益」と考えられるので、INTRATE関数を使って返すことが出来ます。

RATE関数は、ある期日までに、定額払いで、目標金額を達成するには利率がどれぐらい必要か?を計算したりします。

NOMINAL関数は、指定された実効年利率と 1 年当たりの複利計算回数を元に、名目年利率を返します。
名目年利率とは、銀行などの金融機関が示す利率のことでしたね。
財務関数になるのでこれで、あなたも貯蓄の利率や金融機関が示す利率や割引債を購入した時、満期日まで保有した場合に得られる収益の利回りを求めることが出来ます。
ご自宅でも使うことが出来るので便利ですね!あなたもExcelで財務関数を使ってスキルアップしてみましょう。
使い方をマスターすればExcelがこれまでよりももっと便利になるので、是非身に付けてくださいね!
これからも引き続き関数動画・ブログをアップして参りますので、気になる関数があったらまずはソフトキャンパスの動画を確認してみてください!