今日はExcelで2進数の数字のビット数を移動して10進数で表す、BITLSHIFT(ビット・レフト・シフト)関数とBITRSHIFT(ビット・ライト・シフト)関数の使い方について紹介します!ビット数って何?という方もいると思いますが、2進数という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?パソコンの中は0と1で作られているので、3や9といった数字を表すにも、0と1の並びが必要になります!その並びを調整して、結果で出てくる数値を変えてくれるのがBITLSHIFT(ビット・レフト・シフト)関数とBITRSHIFT(ビット・ライト・シフト)関数です!さっぱり分からない、という人はさっそく使い方を見てみましょう!

BITLSHIFT(ビット・レフト・シフト)関数とBITRSHIFT(ビット・ライト・シフト)関数では2進数が基準

BITLSHIFT(ビット・レフト・シフト)関数とBITRSHIFT(ビット・ライト・シフト)関数では、数値のビット数を指定した分だけ移動して違う数値を返してくれるのですが、そこだけ聞くと単純に足し算や引き算と同じなのでは…?と思ってしまうと思います。BITLSHIFT(ビット・レフト・シフト)関数とBITRSHIFT(ビット・ライト・シフト)関数は単純に数値を加減算するわけではなく、指定した数値を2進数に変換して、指定したビット数分0をくっつけたり削除したりして、結果を10進数で返してくれます。
BITLSHIFT関数1

BITLSHIFT(ビット・レフト・シフト)関数をExcelで使う方法

BITRSHIFT(ビット・ライト・シフト)関数をExcelで使う方法

Excelで2進数のビット数を移動させるBITLSHIFT 関数とBITRSHIFT関数の使い方を学ぶ! 【まとめ】

Excelで2進数のビット数を移動させるBITLSHIFT 関数とBITRSHIFT関数の使い方について、ご紹介しました。やや難しかったですね。。。2進数は日常的に目にする機会が無いので、イメージが付きにくいものですが私たちも日常のすべてが10進数になっているわけではないので、各進数に慣れるというのも面白いかもしれませんね!エンジニアリングという分野に含まれる関数ですが、使ってみたいという方はぜひ参考にしてみてください!