個別スクールのAutodesk Revit(レビット)3D・BIM講座は最近企業研修の人気ナンバーワンです。
Autodesk社のRevit(レビット)は3DCADで、Revitは精度の高い3Dモデリングで作図することができ、平面図、立面図、断面図の製図も修正するとすべてが自動更新されるソフトです。さらにRevit(レビット)はBIMソフトでもあります。

人気のRevit(レビット)講座とは?

近頃人気のRevit(レビット)コースを紹介します。

以前は製図するCADといえばAutoCADが有名でしたが近頃は同じAutodesk社の3DCAD、Revit(レビット)が人気です。

3DモデリングやBIMを導入する際にRevitを採用するケースが多いです。理由としては入札時の図面が3Dの方が図面を読めない担当者でもわかりやすいという事と国がBIMを利用することを推奨しているからです。

AutoCADとRevitはの違いは?

AutoCADとRevitはの違いはどんなことでしょう?

CADの作図機能だけで言うとRevitのほうが建物を作図するのに特化した3DCADです。設計から図面を作図、モデリング・検証までを一気にできる3DCADソフトです。一方AutoCADはいわゆる汎用CADで、(建築に限らず機械や土木などもいろんなものが作図できる)3D機能もありますが、モデリングやマッピングする機能が総合的に多いのがRevitと言えます。

またRevitはBIMの機能も兼ね備えています。RevitはBIMソフトですが、AutoCADはBIMソフトではありません。

Revit(レビット)の特徴

  • RevitはBIMソフトである
  • 建築や建設、土木などのプロジェクトに特化されている3D製品
  • 建物固有の設計、製図を行うことができる
  • クリエイティブな3Dモデリングの作図が可能

BIMとは

BIMは建物などの図面を3Dで作図するだけではなく、老朽化なども視野に入れ、構築管理、工程、建物設計までトータル的に行います。

パソコンの中で現実と同じ3Dモデル(BIM)を再現しシミュレーションし、各担当者と共通で確認することにより、実際の施工前に問題点を見つけることができ、現場トラブルを防ぐことができます。

Revit(レビット)の料金は?

Revit(レビット)には2つのバージョンが用意されており、サブスクリプションプランで契約期間と料金は様々です。

Revit50,600円/1カ月407,000円/1年間1,098,900円/3年間
Revit LT12,100円/1カ月97,900円/1年間264,000円/3年間

RevitLTは通常のRevit(レビット)より機能が少ないです。建築設計者向けはRevitLT、構造エンジニアリングのエンジニアはRebitの仕様を推奨されています。

Autodesk社から発表されているRevitとRevitLTの比較表

RevitとRevitLTの比較表はコチラをクリック

Revit(レビット)のは無料で使えるか?

Autodesk社はRevitだけではなくすべてのソフトに無料体験期間があります。パソコン1台(1ユーザー)につき1カ月使用することが出来ます。

まずはRevitを使用して3Dで作図してみたい人はサブスクリプションを購入する前に無料体験版を利用しましょう。

Autodesk社の無料体験は機能制限がないのでRevitすべての機能を利用できます。

Autodesk社のRevit無料体験はコチラ

Autodesk社のRevit(レビット)3DCADの動作環境

Revit2021
最小モデル
Revit2021
バリューモデル
Revit2021
パフォーマンスモデル
OSWindows10 64ビット
CPUシングルコアまたはマルチコアの Intel®、Xeon®、または i-Series の SSE2 テクノロジ対応のプロセッサ、またはこれらに相当する AMD® プロセッサ。入手可能な最高速度の CPU を推奨
メモリ最小8GB最小16GB最小32GB
モニタ最小: 1280 x 1024、True Color 対応 最大: 4K UHD モニタ最小: 1680 x 1050、True Color 対応 最大: 4K UHD モニタ最小: 1920 x 1200、True Color 対応 最大: 4K UHD モニタ
ビデオ アダプタ基本的なグラフィックス: 24 ビット カラー対応のディスプレイ アダプタ 高度なグラフィックス: Shader Model 5 搭載の DirectX® 11 対応グラフィックス カード および 4 GB以上のビデオ メモリ
ディスクの空き30GB

1対1の完全個別指導のRevitスクール

Revitスクールは都内といえども数は少ないですが、ソフトキャンパスは1対1の完全個別指導で全授業が行えます。

オンライン授業もすべて個別(完全マンツーマン)でRevit の使い方はもちろん、3D製図を学習していただけます。

Revit講座の特徴

BIM Revit 講習はスクール内かオンライン授業かが選べます。また併用も可能です。

BIM Revit基礎講座は15H個別ブースに入り1対1でスクールを受講していただけるのが特徴です。現在お仕事で使われている方、これからRevitを覚える方でも役立つ講座となっています。

1対1の講座なのでいつでも質問できるのでわかりやすい、幅広い質問に、集団授業ではないので現場現場で必要な機能や、製図で知りたいことを深い質問もしていただけるのが特徴です。

3DCAD(Revit)基礎講座

3DCAD(Revit)基礎講座 コース詳細

3DCAD(Revit)応用講座

3DCAD(Revit)応用講座 コース詳細

他のCADと比較!Revit講師杉本がおすすめするRevitのよさはココ!

Autodesk社のRevitは他のCADに比べるとコマンドのイメージがつきやすく、BIM初心者の方でも始めやすいBIMソフトだと思います!

選択・移動・回転などの基本コマンドが感覚的に使えるので覚えやすいのが魅力です。またAutoCADで作図していた方は互換性も高いのでデータ移行もしやすいのでおすすめです。

  • ほかの3DCADソフトに比べてコマンドのイメージがつきやすく習得しやすい
  • 選択・移動・回転などの基本コマンドが使いやすい
  • 未経験者でも3Dモデリング作図しやすい
  • AutoCAD経験者は感覚的に操作しやすく、データの互換性も高い

Revit講座オンライン講座の特徴

Revit講座を通学でもオンラインでも1対1で受講していただくことができるはソフトキャンパスだけ。

オンライン講座でも動画は一切使用せず、受講生の方の画面を共有し、完全個別で授業を行っていきます。

何度もRevitでオンラインスクールを行っていますが音声や画像も途切れにくいので安心してオンラインでもスクールを受けることができます。

CADオンラインスクールの授業風景

Revit講座オンライン講座の方にこんなサービスもあります。

自宅にオンラインスクールを受けるためのパソコンがない方にはパソコンの貸し出しを行っています。

オンラインスクールの為のパソコン貸し出しについて

ソフトキャンパスで受講できるCAD、3DCADの詳しい情報はこちらです

通学でもオンラインスクールでも受講できるCAD、3DCAD、BIM講座の詳細はこちらをご覧ください。もちろん全講座1対1の完全個別講座です。

CAD・3DCADコースの詳細ページはこちら

【個別スクール】Autodesk Revit(レビット)3D製図・BIMまとめ

完全個別で授業ができるAutodesk Revit(レビット)は3DCADで製図をすることはもちろん3Dパースを作図することもでき尚且つBIMでもあるスーパーCADです。できることが多い分、操作が難しいと感じる人も多く、完全個別で講座を受けることを希望する人が増えています。3Dですがオンラインでも割とスムーズに操作ができるので仕事の合間に受講する人も多いです。