今回はAutoCADで基点設定を使う方法をご紹介します!線や文字を移動したり作成したりするときに基点設定を使えると便利ですよね。使い方を知らずにいつも補助線を描いて使っていたという方も多いのではないでしょうか?どういう場面で使えるのかをおさらいして、作図のスピードアップに役立ててくださいね!

【AutoCAD】移動や作図で使う基点設定の機能を使う

移動や作図で使う基点設定の機能ですが、そもそもどういう使い方をするのか知らないという方もいるはず。今まで面倒だと思いながら補助線や構築線を使って線を描いていた、オブジェクトを作っていたという人は必見です!

基点設定を使うタイミングは、次に取りたい点が取れないとき

基点設定を使うタイミングは、「次に取りたい点がどこなのか図面上で指定できないとき」です!次に取りたい点がどこなのかはわかっているけど、その点を指定できるわけではないという時に「次の点を取ることができる」便利な機能です。
例えば、「四角形の右上の点から右に50、上に100離れた位置から円を描きたい」など、位置は座標的にわかっているけど、円のコマンドでそのまま指定するには補助線が必要となる場合などに、使うことができるコマンドです。

AutoCADで基点設定を使う方法。ショートカット的使い方

では、AutoCADで基点設定を使う方法を覚えましょう!使い方としては簡単で、「Shift」+「右クリック」で「基点設定」を選択します。そうすると「_from 基点」という文字がコマンドラインに出てくるようになるので、次に取りたい点を指定します。

Shiftと右クリックで基点設定。基点を選択してから位置を指定する

基点設定はShiftと右クリックで使うことができます。ポイントは基点にする位置を最初に決めること。
例えば先ほどの例「四角形の右上の点から右に50、上に100離れた位置から円を描きたい」を使って説明すると

  1. 円コマンドをクリックする
  2. 「円の中心点を指定」と出てくるので、「Shift」+「右クリック」を押す
  3. 「基点設定」を選択
  4. 「_form 基点」の文字が出てきたら、四角形の右上をクリック
  5. そこからどう移動させたいか(@50,100)を入力
  6. 次の点が指定した@50,100の位置に移動して終了

このような手順になります。自分がどこから、どの位置にむかって点を取りたいのかを意識しながら使いましょう!

基点設定をもっと効率よく使いたい!ショートカット的な使い方を紹介

基点設定には少し効率よく使うためのショートカット的使い方があります。(正式なショートカットではありません…)Shift+右クリックで出てきたメニューから、「基点設定」を選択して使いますが、メニューの中に(F)というショートカットがあります。
メニューを出すところまではショートカットはないのですが、メニューが出てからは「F」で基点設定が使えるので、本当にちょっとですが操作が速くなる…と思います!

  • Shift+右クリックでメニューを出す
  • Fを押下して基点設定を選択

マウスで選択しなくてもよくなる分、少しだけ効率よく作業できると思います!ぜひ試してみてください!

AutoCADで線や文字を基点設定で移動する方法 まとめ

AutoCADで線や文字を基点設定で移動する方法について、ご紹介しました!実は知ると知らないとでは大違いのこの機能。使いたいけど使い方がいまいち分からないため、遠ざけてしまっているという方も多いのではないでしょうか?少しだけですが効率よく基点設定を使う方法もあるので、参考にして快適作図ライフを送ってくださいね!