Jw-CADで作成した文字や図形を編集する時に図形を選択する必要がありますね。
移動や複写のコマンドなど、コマンドを選べば選択のモードに勝手になる物もあります。それ以外に『範囲』というコマンドを使って図形を選択する事が出来ます。これを使う事で複数の図形をまとめて選択して、線の種類を変更したりする事も出来る様になります。
今回は範囲を使っての基本的な図形の選択方法を確認して行きます。

範囲コマンドの使い方

Jw-cadでは左下に出て来るメッセージをしっかりと確認する事が大切になります。
範囲を選択すると次の様にメッセージが表示されます。

範囲コマンドを選択した場合

範囲のコマンドの場合は『範囲選択で図形を選ぶ』方法になります。
その範囲の開始場所を指定しなさいというメッセージですね。
始点を指示すると次のメッセージになります。

始点を指示した後

終点を左クリックなのか右クリックなのかダブルクリックなのかで動きが変わる訳ですね。
内容としては

左クリック範囲枠に含まれた図形のみ選択する
右クリック範囲枠に含まれた図形と文字を選択する
左ダブルクリック範囲枠に触れている図形のみ選択する
右ダブルクリック範囲枠に触れている図形と文字を選択する

以上の様な感じになります。
動きを確認してみましょう

終点を左クリックした時の選択

終点を『左クリック』で指示した場合の動きが図形のみの選択になります。
範囲に指定した枠の中に完全に入っている図形のみ選択されます。
例えば次の様に範囲を指示したとします。

範囲を指定しました

終点を左クリックすると選択された図形の色が変わります。
枠の中に完全に入っている図形のみが選択されているのが分かりますね。

枠の図形が選択されました

この場合、文字は選択されないので色が変わっていない訳ですね。
また四角形についてはバラバラの4本の線で出来ているので、左の縦の線だけが選択されています。AutoCADのポリラインとは違うので気を付けましょう

終点を右クリックした時の選択

終点を左クリックすると文字が選択されませんでした。そこで文字を含めて選択する為には終点を右クリックして決定します。
範囲選択の枠の中に完全に入っている文字と図形が選択する事が出来ます。
下の画像の様に先ほどの同じ様に範囲を決めます。

範囲を指定しました

右クリックで終点を決定します。

枠の中の図形と文字が選択出来ました

文字も含めて選択された為、文字の色が変わっているのが分かりますね。
枠の中に完全に入っている文字が選択されるので、文字も枠からはみ出ない様に指定しましょう。

終点を左ダブルクリック、右ダブルクリックした時の選択

終点をダブルクリックした時には『範囲枠交差線選択』という選択の仕方になります。
これまでは選択の枠に完全に入っている図形や文字を選ぶという方法でしたが、これは枠に触れているモノを選ぶというやり方になります。
例えば先ほどの図形の選択の中で、横の線だけを選択したいという時、さっきのやり方では円や縦の線など余計な図形まで選択されてしまいます。
そこで交差線選択の方法を使うと線だけを選択出来ます。
横の線だけに触れる様に範囲の枠を指定します。

線に触れる様にします

終点をダブルクリックすると横の線だけが選択出来ます。
枠に触れている図形だけ色が変わっていますね。

ダブルクリックで横の線が選択されました

この時は文字は選択されません。
文字も含めて選択したい時には『右のダブルクリック』をしましょう。

文字を含めて選択します

ただし文字に関しては、枠の中に入っていないと選択されません。
枠から外れている場合は文字は選択されないので気を付けましょう。

図形と文字の選択

Jw-CADで図形や文字の選択の方法を覚えよう|まとめ

Jw-cadでの図形や文字の選択の仕方として、範囲のコマンドの使い方を紹介しました。
選択をする時に文字を含めるのか含めないのかで右クリックと左クリックの使い分けが必要だったり、枠に触れたものを選択するのであればダブルクリックを使うという所がポイントですね。
今回の選択の仕方はまだ一部分のやり方になります。左下に出て来るメッセージに注目すれば、どの様に操作をするのか表示されるので分かりやすいですね。
この辺りの方法は徐々に紹介したいと思います。
まずは今回の基本的な操作について抑えておきましょう。