最近よく聞くのが5Gですね。
通信が早くなっていろいろな事が出来るというのはなんとなく分かると思います。
これからどんどんと増えて来る通信形態になりますね。
では5Gにはどんな特徴があるのでしょうか?
ITパスポートではこの5Gの特徴について問われますね。
そして5Gが普及してくる事によりIOTもより活性化してくると思われます。
IOTはモノのインターネットでしたね。IOTにはどの様な技術があるのかもITパスポートの試験範囲になります。
今回は5Gの特徴とIOTの技術について確認をしておきましょう!

超高速な通信の5G

さてまずは『5G』から確認して行きましょう。
スマホなどの通信機器は無線で通信をしていますね。その第五世代にあたるのが『5G』になります。
通信の技術は日々発達しています。それにより通信速度も上がっている訳ですね。
1つ前の通信は『4G』その前は『LTE』、その前が『3G』と言った感じです。『LTE』は『3G』の技術を発展させた様な感じなので『3.5G』(3.5世代通信)とも言われています。
では新しい『5G』の特徴は何でしょうか?以下の3つになります。

  • 大容量通信
  • 超低遅延
  • 多数デバイスの同時接続

なんとなくすごそうですね。
どの様な物なの確認して行きましょう

5Gの特徴①大容量通信

まずは1つ目の大容量通信です。
通信でデータを送る時には、データを通信出来るサイズに細かく分割をして送っています。
分割した1つのデータ容量がどのくらいになるのかは通信の種類によって変わります。
5Gの場合はこの送信できるデータ量がこれまでよりもかなり大きくなっています。なので通信速度も速くなっているんですね。
技術的には現在使用している周波数帯の電波と広帯域使用出来る新しい周波数帯の電波を組み合わせて使用する事で現在の通信速度の100倍程度の高速化されていると言われています。
100倍なのでかなり速度が速くなっているのが分かりますね。

5Gの特徴②超低遅延

2つ目は遅延が少ないという事になります。
データを遠くに送るという事はそれだけ時間がかかるという事になります。
実際には感じないかもしれませんが、電話で話していても自分が声を出したタイミングと相手にその声が届くタイミングにはずれがあります。
このずれがものすごく少なくなるのが特徴になる訳ですね。
ネットワークの遅延が現行の1/10くらいに抑えられると言われています。タイムラグがかなり小さくなるので、遠隔でもリアルタイムでの操作が可能になるので医療現場などで役に立つと考えられていますね。

5Gの特徴①多数デバイスの同時接続

3つ目はたくさんの端末と通信が出来るという事です。
1つのネットワークに複数のパソコンなどを繋げられるという事ですね。当たり前と感じる人もいるかもしれませんが、実際に4Gの場合は同時接続は10台程度なんです。通信をうまく切り替える事で同時につながっている様にしている感じですね。
5Gではその10倍の100台程度まで同時接続が出来る様になると言われています。

IOTの特徴を技術を確認して行こう!

さて第5世代の通信について特徴を確認しました。
これとIOTはどの様な関係があるのでしょうか?
IOTはモノのインターネットでしたね。センサーを使って遠くの情報を得たり、サーバーに保存する事が出来ます。
ここに5Gが加わる事で、リアルタイムでの情報をセンサから得る事も出来ますし、複数のセンサを同時に接続して情報をやり取りする事も出来る訳です。幅が広がりますね。
さてITパスポートではこの『IOTの技術』について問われますので代表的な技術を2つ確認をしていきましょう!

IOTの技術①エッジコンピューティング

まずは『エッジコンピューティング』についてです。
エッジというのは『端部』の事ですね。ネットワークの末端部分、センサとかパソコンの部分になります。
これまでのIOTではセンサの情報をサーバーに送信をしていました。センサとサーバーの距離が遠ければ遅延も発生しますし、無駄に通信量を使う事になります。
そこで、IoTデバイスそのものやその近くにサーバーを設置してデータ処理する考え方が出て来ました。それがエッジコンピューティングですね。デバイスやサーバーでデータを処理を行ってからクラウドサーバーに送るので、必要なデータの送信のみで済むので無駄な通信量を抑える事も可能になっています。

IOTの技術②BLE

これは無線でのIOTデバイスとの通信技術の種類になります。
Bluetooth 4.0以降で採用されていて省電力で通信が出来る様になっています。
低コストで実装可能なのでセンサやウェアラブル端末に利用が期待されている技術になりますね。
もちろんBluetoothもバージョンがあります。バージョンが上がれば早い通信が出来るのでより幅が広がりますね。

5GとIOTの関係について確認しておこう!『ITパスポートのネットワーク』
|まとめ

今回は次世代型通信の『5G』とモノのインターネットである『IOT』の特徴について確認をしました。
どちらもこれから発展、発達していく技術になります。通信が早くなればIOTの幅も広がりますし、それ以外にも出来る事が増えて来ますね。どちらも関係している内容になります。
ITパスポートでは細かい技術というよりもどの様な物なのかの理解について問われます。
用語を確認して備えておきましょう!