Webデザイナーとは?Webマーケティングとは?Webマーケターの必要なスキルは?WebマーケティングをするWebマーケターの仕事内容は?WebマーケティングとWebデザイナーの違いは何なのか。 また、WebデザイナーがWebマーケティングを身に付けたときの強みを紹介します。

 

Webデザイナーとはなにか?

 

 

Webデザイナーとはなにか? Webサイトのランディングページ(LP)の基本的なWebサイト全体をデザイン管理します。 また、HTMLとCSSを使用したコーディングを、行うこともあります。
基本的には、Webサイトのデザイン(見栄え)を、お客様の要望に沿った形で整えていきます。
Webデザイナーは、「ホームページデザイナー」と呼ばれたり、厳密には違いますが、「Webクリエイター」と呼ばれることもあります。 WebデザインはWebマーケティングをする際のなくてはならない存在です。


Webマーケターとはなにか?

 

 

Webマーケターとは? Webマーケターは、主にWebマーケティングにかかわる職業です。
Webマーケティングでは、アプリやWebサイトだったり、SNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)やメールやチャット等を活用します。
WebマーケターはWebマーケティングを通して、担当した事業やサービスなどの売り上げの向上、ブランドの認知度を高めるなどを目的とし、企画の立案や施策を行います。 Webマーケティングを通して売り上げ向上や、ブランドの認知度を高める仕事ということで、「Webプランナー」や「Webコンサルタント」と呼ばれたりもします。
Webマーケティングを仕事として行う担当の人をWebマーケターといいます。

 

 

Webマーケターの仕事内容って何?

 

 

Webマーケターは、主に、Webマーケティングを行う仕事です。

検索エンジンでさまざまなキーワードを駆使して検索結果の1ページ目を目指します。現在どの商品でもWebを使い商品を売るということが非常に多くなっているためWebマーケティングをする役目のWebマーケターの需要はかなり高まってきています。

Webマーケターの仕事内容について細かく分けてみていきましょう。

 

 

・マーケティング戦略

 

マーケティング戦略とは、簡単に言うと商品や製品を販促(販売促進)し売り上げ向上を目指すための作戦。

例えば、マーケティング戦略の立て方として商品や製品を購入するユーザーを対象として年齢、性別、職種、好み、生活水準、などを仮定し購入するユーザーの希望に沿った形になるように戦力を立てて販促(販売促進)、売り上げ向上につなげていきます。

・アクセス解析

 

主に、Google analytics(グーグル アナリティクス)Google Search Console(グーグル サーチコンソール)、ヒートマップなどのデータ解析ツールを使用し、Webサイトの運営者がWebサイトを利用するユーザーの特徴や行動(どこをクリックしたかや離脱率など)を分析し、Webマーケティングでの指標に役立てます。

 

 

Webマーケティングの施策

 

 

Webマーケティングの施策では主に3つの施策があります。 ユーザーに対しての集客施策、接客施策、リピート獲得施策です。

 

 

集客施策

 

集客施策とは、Webサイトへの集客数を向上させる目的の施策です。

 

 

・SEO

 

SEO(Search Engine Optimization または 検索エンジン最適化)を使用することによって、リスティング広告によって発生する宣伝費を抑えつつ多くのユーザーからの集客が見込めるのでほぼ予算をかけずに施策をすることができます。

 

 

・リスティング広告

 

リスティング広告は、Google(グーグル)やYahoo!Japan(ヤフージャパン)でよく見かける検索エンジンの検索結果に検索したキーワードに沿った形で記載される広告です。

種類は2種類に分けられ「検索連動型広告」「コンテンツ連動型広告」に分けられます。
GoogleやYahoo!Japanで検索して一番上に出てくるよく見る広告がリスティング広告にです。

 

 

・アフィリエイト

 

アフィリエイトは、成功報酬型広告のことです。

企業の商品やサービスなどを紹介し、ユーザーが購入したり申し込み申請をしたりすると報酬が発生する仕組みの広告です。
アフィリエイトとGoogleアドセンスの違いは、アフィリエイトの場合は成功報酬型広告なのでアクション報酬クリック報酬の2種類に分けることができるが、Googleアドセンスの場合はクリック報酬のみです。

 

 

・SNS(ソーシャルネットワークサービス)

 

SNS(ソーシャルネットワークサービス)はTwitterやFecebook、Instagram(インスタ)などでアカウントを作成し、多くのユーザーと触れ合ったり情報を提供して目に触れてもらいWebサイトにアクセスを促していくやり方です。

こちらも比較的安価です。

 

 

接客施策

 

接客施策は、Webサイトに訪れたユーザーに対して、分かりやすく商品やサービスの特徴を知ってもらい、快適にWebサイトを利用してもらい成果につなげていくことです。

 

 

・ランディングページ(LPO)

 

ランディングページ(Landing Page Optimization ランディングページ最適化)は、主に広義と狭義があり、広義は最初にアクセスしたページのことGoogle analytics(グーグル アナリティクス)では主に広義が使われ、狭義は一般的なランディングページ(LP)は狭義で意味することが多い、リスティング広告や検索結果、SNSなどからのユーザーが直接アクションや問い合わせなどに結び付けるためを特化したページのことです。

 

 

リピーター獲得施策

 

 

・メルマガ(メールマガジン)

 

会員の方に、メールマガジンを使用しWebサイトに再来訪してもらえるように促すための方法です。

 

 

ちなみにWebマーケターとWebディレクターの違いは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイト制作をする際の中心となる役割です。

いわゆる、Webサイト制作のリーダー的存在です。なので、Webマーケターの仕事は「Web全体の戦略を練るリーダー」、Webディレクターの仕事は「Webサイト制作のリーダー」で役割を分けることができます。

 

 


Webマーケティングに必要なスキル

 

 

Webサイトを構築するスキル

 

Webサイトの解析や改善を行うためには、Webサイトの構築についての知識は必要不可欠です。

 

 

ライティングやWebデザイン、Webコーディングに関する知識

 

HTML、CSS、JavaScript、PHPなどのプログラミング言語に関しての知識を身に付けておきましょう。

 

 

データ収集、分析のスキル

 

Google analytics(グーグル アナリティクス)などのアクセス解析ツールの使い方を覚えておきましょう。さらにはSEO対策なども一緒に覚えておくとより良いWebサイトを作ることができます。

 

 


WebデザインとWebマーケティングのダブル知識が強みになる。

 

 

WebデザイナーもWebマーケターもWebデザイン+Webマーケティングの知識を重ね合わせればより、ユーザーに届きやすくなり売り上げの向上やブランドの認知度に直結しよりよい成果が見込めるのでWebデザイナーでもWebマーケターでもどちらともWebデザイン+Webマーケティングの知識を覚えておいて損はなくむしろ強みになるでしょう。