今回はWebデザインの勉強を始めたものの中々思い通りに進まずに挫折しそうになってしまっている方へのメッセージも含め、Webデザイン学習者が挫折してしまう理由と挫折しないための解決方法をまとめていこうと思います。

どんなことでも未経験で始めることは大変ですが、折角学ぶのであれば最後まで続けたいですよね!

現在Webデザイン学習中でまさに挫折しそう・・・というWeb学習初心者の方は是非最後まで読んでみてください。

まず最初にここで解決できそうな問題と解決不可であろうものをまとめておきますね。

解決できる例1Webデザインやコーディングの知識の部分で不明点がある本やネットで調べる、サイトなどで質問に答えてくれる人を探す
解決できる例2他者との比較や自分には向いていないという思い込み自分の思考グセを変える
解決できる例3コーディングの練習(アウトプット)の進め方がわからない無料Web学習ツールを利用する
解決できない例気持ちの問題(やる気、モチベーション、ストレス)これは残念ながら解決不可の場合が多いため思い切って違うことを!

Webデザイン学習者が挫折してしまう理由6つ

Webデザイン学習を挫折してしまう理由と挫折しないための解決法

まず最初にWebデザインを未経験で学習している方が挫折しそうになってしまう理由と躓きやすいポイントを紹介していきます。

挫折しそうになる理由や躓きやすいところを知ることで解決法を見出すことができるはずです。

またこれから未経験でWebデザイン学習始めようとする人は事前に挫折しそうになる理由や躓きポイントを知っておくことで、途中で止めてしまうということから回避できるかもしれません。

【Webデザイン学習者が挫折してしまう理由】

  • 覚えることが多い
  • 他人と比較して落ち込む
  • 自分のレベルにあった練習ができていない
  • 知識習得に気がいきすぎる(アウトプットができていない)
  • 自分は向いていない、センスがないと思い込む
  • わからない時に聞ける相手がいない

 

では早速見ていきましょう!

理由①:覚えることが多い

Webデザイン学習で挫折 覚えることが多い

Webデザインを独学で勉強している初心者が挫折してしまうまず最初に挙げられる理由として「覚えることが多い」というのがあります。

HTMLやCSS等のコーディングの知識はもちろんですが、デザインの知識、デザインを制作するために使うPhotoshopやIllustratorの使い方など多くのことを覚えて使いこなせるようにする必要があります。

そのため、初期段階から覚えることの多さにしんどくなり、挫折してしまうWebデザイン学習初心者は少なくありません。

ただ正直最初から全てを覚えるのは無理です。

なので、基礎をしっかり固めた後は必要な知識はその時その時で学んでいくようにしましょう。

理由②:他人と比較して落ち込む

Webデザイン学習挫折してしまう理由

Webデザインを独学しているときや独学を始めるときに多くの人はインターネットでWebデザイン独学経験者の体験談等を調べると思います。本当に色んな人がいて、とても苦労した体験談や割とスムーズに独学を進められているようなもの等様々です。

様々なWebデザイン学習者のWebデザイン独学体験談を読むことでモチベーションを上げられるのであれば良いのですが、自分自身がネガティブの思考に入っている場合は目に入ってくる情報もネガティブなものになりやすいです。

そして「他人との比較」という意識にも入りやすく、人と比べては落ち込みどんどんモチベーションを低下させてしまう可能性があります。

人には人それぞれの学習スピードがあるので、自分の学習スピードが遅い・・などと落ち込む必要や他人と比較して「私にはできない」と思う必要は全くないです。

理由③:自分のレベルにあった練習ができていない

Webデザイン学習を挫折してしまう理由

Webデザイン学習においてアウトプットはとても重要ですが、Webデザイン学習初心者はアウトプットをする際にまずは簡単なものからスモールステップで進めていくべきです。しかし、中には難しいものにいきなり挑戦をするWebデザイン学習初心者の方もいます。

その場合、自分が思い描いていたようにデザインを実装出来なかったり、そもそもコーディングが組めない・・ということが起こります。

最初から完璧な人なんていないと理解していながらも、実際に出来なかった際は落ち込みますよね。そしてモチベーションが下がってしまい、挫折しそうになってしまうのです。

無理をせず自分に合ったレベルで練習を重ねていきましょう。

理由④:知識習得に気がいきすぎる

Webデザイン学習を挫折してしまう理由

これは頭で理解したい!という方に多いと思うのですが、とにかくまず知識を理論的に理解し、習得しようとすると手が動かなくなります。手が動かなくなるというのはアウトプットに重きを置かなくなるということです。

しかし、Webデザイン学習やコーディングを習得するにあたって、実際に手を動かすということは最も重要です。

スポーツ等も同じですよね。もちろん頭で理解すべきこともありますが、実際には上達させるためには練習が必要です。

知識習得にあまりにも気がいきすぎてしまうと手が動かなくなり、実際に身についているのか、スキルがアップしているのかもわからなくなります。

そして結果として続けているけれど意味あるのかなと思い始めてWebデザイン学習の挫折につながります。この傾向は完璧主義者に多いかもしれませんね。

理由⑤:自分は向いていない、センスがないと思い込む

Webデザイン学習を挫折してしまう理由

Webデザインを勉強していて行き詰った際に「自分には向いていない、センスがない」と思い込んでしまうということがよくあります。特に初期段階だと躓くことも多く、躓く度に向いていないのでは・・と考えるようになります。

そして段々と「自分には向いていない、センスがない」という思考にはまり、Webデザイン学習を止める・諦める理由にしてしまいます。

Webデザインに限らず何かを始めた際は早い段階から「無理、できない」と決めつけてしまうのは避けたいです。

そもそも才能や特技というのは最初からできるものではなく、興味から始めて続けていくことで結果が出るものです。

何事もある程度の時間をかけてみないとわからないですからね!

理由⑥:わからない時に聞ける相手がいない

Webデザイン学習を挫折してしまう理由

Webデザイン独学者にとって一番辛いのが「わからない時に質問できる人がいない」ということではないでしょうか。

スクールに通っている場合は先生にすぐに聞く/確認することができますが、独学をしている場合は基本的にインターネット上または本などで答えを探すことが多いですよね。

ただその場合は調べる力もないといけません。ネット上には間違った情報や古い情報等も溢れているため注意が必要です。

このようにすぐに疑問を解決できるような質問できる相手がいない場合、情報に振り回されたり、または調べたものの結局理解できなかったりということが起き、挫折してしまう原因になり得ます。

Webデザイン学習を挫折しそうになった時の解決方法4つ

Webデザイン学習で挫折してしまう理由と挫折しないための解決法
さてここからはもしWebデザイン学習を挫折しそうになった時はどうしたら良いか、挫折しないための方法をお話していこうと思います。折角始めたWebデザインの勉強を挫折せずに最後までやり抜きましょう。 そして夢のWebデザイナーへの道を自分で切り開いていってください!

【Webデザイン学習を挫折しないための解決法4つ】

  • Webデザインを学ぶ目的を再確認し、目標を設定する
  • Webデザインを学習している仲間を作る
  • 無料オンライン学習サイト等を使い効率よく練習する
  • 自分で作ってみたいWebページを想像してワクワクしてみる!

方法1:Webデザインを学ぶ目的を再確認し、目標を設定する

Webデザイン学習を挫折しないための解決法

 

何事においても「目的や目標」は大切です。

Webデザイン学習を挫折しそうになってしまった時にはまず「なぜ自分はWebデザインを勉強したいのか、勉強しているのか」という原点に戻ってみましょう。

Webデザインの勉強を始めたということは何か目的や夢があったはずです。例えば、Webデザインスキルを身に着けて、就職・転職したい、副業を始めたい、フリーランスとして将来的には働きたい等、きっと思い描いていたことがありますよね。

そういったWebデザインを学ぶ理由を思い出すことによってモチベーションアップに繋がります。

また次に自分がWebデザインを学習している目的を思い出したら、最終的にはどうなりたいのかという目標についても改めて考えてみると良いです。

目標が明確になったら、いつまでにその目標を達成するという「期間」も決めてしまうと良いと思います。期間を決めずに進めると、結局グダグダになり続かないことがあります。

なので、目的の再確認→目標設定→いつまでに達成(期間)は明確にしておきましょう!

方法2:Webデザインを学習している仲間を作る

Webデザイン学習を挫折しないための解決法

「Webデザインを学習している仲間を作る」ということはモチベーションの維持に繋がります。

何に対してもそうですが、同じ目標を持つ仲間がいることで頑張れることってありますよね。

仲間ができると気持ちを共有することができ、ストレスを減らすことができたり、また自分は理解できていない部分を相手がわかる場合は教えてもらうこともできます。

SNSやコミュニティなどを通してWebデザイン学習者の仲間を探すことは一つ挫折から遠ざかる解決法と言えます。

またはWebスクールに通わなくてもココナラなどでWebデザイン学習者に対して質問を受け付けてくれるようなサービスを提供している人もいるようです。

仲間を探す、わからない時に聞ける協力者を探すというのは挫折をせずにWebデザイン学習を続けるポイントです。

 

方法3:無料オンライン学習サイト等を使い効率よく練習する

Webデザイン学習で挫折してしまう理由と挫折しないための解決法

出典:https://dotinstall.com/

Webデザインを勉強している時にHTML&CSSのコーディングで躓く人は多いと思います。

今ではプログラミングの基礎が無料で学べるサイト等(一部有料の場合もあり)も多く、気軽に利用できます。

また自己学習サイトだとしても順序を追って学習できるようプログラムが構成されているため、特に初心者にとっては自分自身だけで学ぶよりも効率的にWebデザイン学習やプログラミング学習を進めることができるというメリットもあります。

説明のスライドや動画を見た後に、実際にコーディングをして練習するという流れのサイトがほとんどで実践的というのも良い点です。

無料オンライン学習サイトでのWebデザイン学習やプログラミング学習は効率よく学べること、またゲーム感覚で楽しく気軽に学べるということから、学習の行き詰まりやストレスを回避することができるのではないでしょうか。

ちなみにWebデザインを学べる無料サイトは下記のようなものがあります。

方法4:自分で作ってみたいWebページを想像してワクワクしてみる!

Webデザイン学習を挫折しないための解決法

Webデザイン学習だけでなく、どんなことにおいても自分の理想や思い描く夢を想像してワクワクすることはモチベーションアップに繋がります。

なのでWebデザイン学習に行き詰まりを感じ、挫折しそうになってしまった際は自分がどんなWebサイトをどんな想いで制作してみたいのか改めて考えてみるのも一つ解決法となります。

自分が思い描くWebサイトを想像することできっとWebデザイン学習へのやる気が戻ってくるはずです。

作りたいものがはっきりしたら是非制作に取り掛かり、就職や転職の際に使えるようポートフォリオにしてくださいね。

フリーランスとして働きたい方にとっても自分がどういった作品を作れるのかを見せるポートフォリオはとても大切です。

しっかりと時間をかけて制作したポートフォリオはきっと採用や仕事に繋がります◎

まとめ

Webデザインに興味があって勉強を始めたものの難しく挫折してしまいそうになることは誰にでもあると思います。

恐らくほとんどのWebデザイン学習初心者が経験するのではないでしょうか。

しかし、Webデザインに魅力を感じ、実際に勉強を始めたということはそれなりに目標や目的があったはずです。 Webデザイン学習を始めた時のワクワクした気持ちに戻り、まずは継続してみましょう。

この記事でも紹介しているようにWebデザイン学習を挫折しそうになった時の解決方法はあります◎諦めずに自分のペースで続けることで、きっと先が見えてくるはずです!