マーケティング会社に転職したいと思ってWebマーケティングの求人を検索すると「やめた方がいい」と出てきて不安を感じたことはありませんか?

何故その様なことを言われているのでしょうか?
この記事ではWebマーケターを目指している未経験の方が今後、後悔しない為にも、やめた方がいいといわれる理由と向いてない人の特徴をまとめて詳しい解説していきます!!

Webマーケティング がやめた方がいいと言われる理由を解析

そもそも何故やめた方がいいと言われるのか?

 

  • Webマーケターは成果が必要に求められ、仕事が多すぎて大変すぎる   
  • Webマーケティング業界は変化が激しいので大変すぎる

 
 

Webマーケティングの業界の仕事ってどんな感じ?

  • 未経験で転職は難しい?
  • 仕事内容は?
  • 年収はどのくらい?
  • どんな資格が必要なの?
  • そもそもWebマーケターってどんな仕事?

気になるこちらも解説していきます。

 

Webマーケターは成果が必要に求められ、仕事が多すぎて大変すぎる

 
Webマーケティングだと施策の全てを数値化することができる為、

自分の会社と担当企業に成果が丸見えになり、プレッシャーを感じる方が多いみたいです。

成果を求めるのが当たり前で必要になり、担当企業が求める成果が出ないと段々と居場所を失っていく人が多くそこが大変だと言われている理由です。

そして成果を上げるためにやれる方法はキリがないくらいあり、施策をして分析して数値が出なかったら違うところを試して分析しての繰り返しです。

それを何社も担当して請け負うのですから業務はかなり多くなります。
 
 

Webマーケティング業界は変化が激しいので大変すぎる


 
 
Web業界は3か月周期で変化する激しい業界です。

音声のSNSが出てきたりYouTubeもショート動画が出てきましたよね?このようにSNSマーケティングはどんどん進化していきます。

変化が激しいので新しく出来た物の分析や施策を練ったりするのが必要になります。

同じ様な施策ではうまくいかない事もあり常に学ぶ事が大事になり、ここで怠けると、すぐ追い抜かれたり逆に追い抜けたりするので、未経験の方でも入りやすい業界だといえます。
 
 

Webマーケティング業界が向いてない人の特徴の詳しい分析

Webマーケティングの内容からこの仕事業界が厳しいなと言う人の特徴や理由を分析してみました。ぜひ参考にしてみてください。

  • 必要な仕事内容を考えて働くことが出来ない
  • メンタルが弱すぎる
  • 学ぶと言う好奇心がなさすぎる
  • 仕事が多く忙しすぎるのが苦手なのは厳しい

 

必要な仕事内容を考えて働くことが出来ない


 
 
常に待ちの姿勢の人、ルーティンワークが得意な人には向いていないと言えるでしょう。
 
マーケティングは自分で考えて問題を解決する方法がわからないでは業界に必要とされないでしょうし、事務的なルーティンワークはマーケターの仕事内容にはありません。
 
毎日変化の激しい業界なのでやることがどんどん変わっていきます。
 
担当企業の業種や予算によってもやることが変わり、どうすればもっといい運用が出来るようになるのかを分析して施策すので、考えて行動できない人にはWebマーケターは向いていないといえるでしょう。
 
 

メンタルが弱すぎる


 
 
Webマーケターは毎日施策や分析に追われていますが、求める結果が出なく仕事相手に責められることもあるでしょう。
 
そこでくよくよしたりしても担当企業からの信頼は落ちるだけで何の解決にもなりません。
 
求める結果が出ないと自信もなくなり転職が必要かなと考える人も少なからずいると思います。
 
どんな時でも仕事に前向きに解決策を打ち出せる方法を分析する強い心が大事だと思います。
 
 
 

学ぶと言う好奇心がなさすぎる

計算式の前で悩む男性の画像
 
 
学ぶと言う好奇心がない人はマーケティング業界は厳しいといえるでしょう。
 
この仕事は学ぶ心が無いとどんどん周りとの差が広がっていいアイディアも浮かばないので大きい経験も積めなくなり追いつけなくなるほどになっていきます。
 
まずは好きな事をやって見る。興味を持つ事から始めてみませんか?
 
意外に好きなこと好奇心を持つもことは突然出てくる。
 
それを分析する事で自分のスキルになったりするものですよ?
 
 

仕事が多く忙しすぎるのが苦手なのは厳しい


 
 

一人で10社以上企業のWeb担当として運用して分析や施策の仕事をこなすので、いかに効率的に仕事を回すかが、Webマーケターに求める必要スキルの一つだと思います。
 
この業界効率的にできる方法を見つけないと仕事が終わらず毎日残業続きなんてことも...
 
それでは未経験の自分には厳しいと転職が必要かな?と考える人もいるみたいです。
 

webマーケティング業界が向いてる人の特徴の詳しい分析

  • 変化の激しい仕事が好きで高い向上心を持つ
  • コミュニケーション能力が高い人はいい

 

変化の激しい仕事が好きで高い向上心を持つ

【ワードで困った・できないを解決!】Wordで罫線を思うように引くことができないことについて解決していきます

 
 
常に移り変わりの激しい業界ですが、変化の激しい仕事が好きな人(同じ作業をするのが好きじゃない人)は向いていると思います。
 
Web業界は次々に新しい手法やサービスが登場するのがWeb業界。
 
例えば以前はなかったYouTubeやTikTok、アメリカで流行ってるPodcastなどのSNSを積極的に分析や情報収集が必要。
 
今後ご自身の独自のノウハウを運用する方法があれば企業に属するだけでなく、副業や独立して個人で活動することも出来る仕事だと思います。
 
一早くマーケターとして高い経験値と実績を積めば、その人の業界市場価値は一気に高い人になります。独立志向の高い人にはぴったりな仕事だといえますね!
 
 

コミュニケーション能力が高い人はいい


 
 

この業界に入るとコミュニケーション能力が高いのは必要なスキルだったりします。
 
常に担当クライアントの売り上げを作るように運用と分析という仕事なんですが、担当クライアントに報告できるときやほかのメンバーに指示を出すときなど様々な仕事でコミュニケーション能力が必要とされます。
 
特に担当クライアントには横文字が多く解りずらいWebマーケティング業界の手法をわかりやすく簡潔に説明するスキルも必要なので、コミュニケーションが好きだという方が今後目指すには向いているいい職業ではないでしょうか?
 

Webマーケティングの仕事で転職は厳しいしと思った人へ

コロナ渦で日本経済が変わった今、リモートワーク中心のマーケティングの仕事は無理でも何か自分の経験や好きな事からWeb業界に転職したいと考えている方こちらはいかがですか?
 
 
 

Webデザイナー業界Webディレクター業界を目指すのもいい


 
 
Webデザイナー業界はこだわりが強い人や、ゼロから何かを作るのが好きなクリエイティブ志向が強い人が必要で、細かいところまで気になる几帳面な人が向いていると思うのでぜひ目指してください。
 
 
Webディレクター業界は気配りができる人コミュニケーション能力が高くて、責任感が強くリーダーシップがある人が必要です。
接客の仕事の経験やスキルがある、または好きな人は目指すとよいでしょう。
 
このように自分の性格から適正な仕事を見つけていくのはいかがですか?
 
 

Webマーケティングは厳しいが、稼げる今後必要なスキル

 

いかがだったでしょうか?
 
Webマーケティングは今後必ず伸びる業種だと思っています。
 
なのでデメリットが気にならない人は必ず転職したほうがいい職種だと思います。
 
平均年収480万円~660万円なかなか高いと思いませんか?需要があるのに人手不足なので未経験でも転職可能です。
 
そして特に必要な資格はありません。
 
それよりも実績があるほうが雇ってもらえやすいです。
 
例えばYouTubeを運営していて再生数が高いとか、Twitter・Instagramのフォロワーが多いとかです。
 
今やネットでものを売る企業が増えて、Webマーケターの需要が増えたました。
 
Webマーケターのスキルを持っているとどんな職業にも応用でき、副業もしやすい。スキル次第では好きなことを仕事にしやすい。もう・・・メリットしかないですよね?
 
Webマーケティング市場は右肩あがりで伸びているしスキルさえ持っていれば市場価値はかなり高いです。
 
今はテレワークが進み残業もだいぶ減っています。
 
なのでなるべく早く転職をお勧めします。
 
独立志向の強い方は フリーランスになったら年収1000万も夢ではありません。
 
まずは実績を積むためにWebマーケティング会社に転職するよにしましょう。