FREQUENCY関数(フリーケンシー)を使い方をお伝えいたします。

FREQUENCY関数

指定したセル範囲や配列の中の値が、指定した区間に含まれる個数を求める関数になります。
書式は、=FREQUENCY(データ配列, 区間配列)になります。
データ配列は縦に並んだデータ区分を指します。範囲選択します。
区分配列はデータ配列の中から導き出したい範囲を指定します。例えば50のデータを入力した場合は0~50までの範囲になります。
0以上で50以下の範囲という事になります。

配列関数になるので、関数を挿入してからEnterキーを押しても結果は違うものが出てきます。
Ctr+ShifキーとEnterキーを同時に押すことが必要になります。

例1:得点表があるとします。その中から範囲の人数を出してみたいと思います。
   下記の表を参考に見てみましょう。
B列には得点が入力されています。D列は数値までの範囲を入力しています。
   F列にその範囲内の人数を算出します。

F4のセルに、=FREQUENCY(B4:B18,D4:D9)と入力します。
入力したら、配列関数なのでCtrlキー+Shiftキーを同時に押してEnterキーを押します。
範囲選択したすべてのセルに結果が出ました。F5のセルは39点までの人は2名と算出されます。
この様に範囲内の人数を出したいときに便利な関数になります。
H10のセルに合計人数をSUM関数で算出すれば合計人数は出ますよね!

データからグラフの種類の中のヒストグラムを作ることが出来ます。
下の表を参考に作ってみましょう。H列にはFREQUENCY関数を利用して点数が何個あるか出しいますよね。

以上の結果を利用してヒストグラムのグラフを作成してみましょう。
挿入タブのグラフのグループからヒストグラムのグラフも作成することが出来るんです。
ヒストグラムを作成するにはE4:F9のデータを範囲選択します。「挿入」タブのグラフのグループからヒストグラムを選択します。
棒グラフになっていると思いますが、2本だけのグラフなので軸の書式設定を使います。
横値軸をクリックして右クリックし、軸の書式設定をクリックします、軸のオプションを展開して、軸のオプションのピンの分類項目別を☑すると項目別のヒストグラムのグラフになります。
結果は以下の様になります。グラフタイトルを変更したり体制をを整えれば完成です!

視覚化出来てより解りやすくなりましたね!是非使ってみてくださいね!

FREQUENCY関数のまとめ

FREQUENCY関数を使って度数分布を求めます。
そうして、見える化したヒストグラムを作ると分かりやすいですよね!
ヒストグラムの作り方はいかがだったでしょうか。
FREQUENCY関数を使って度数分布を求めて、そのデータを利用してわかりやすくグラフ化する事で見せやすいデータが出来ましたね!
使い方をマスターすればExcelがこれまでよりももっと便利になるし、会社でも一目置かれること間違いなしです。是非身に付けてくださいね!
ソフトキャンパスの関数動画も参考にご覧ください。こちらの関数ブログも随時アップして参りますので、気になる関数があったらまずはソフトキャンパスの動画を確認してみてください!