今回ご紹介する関数は、【Z.TEST】(ゼット・テスト)関数と【ZTEST】(ゼット・テスト)関数です。統計関数の1つになり、母集団の平均が正しいのかを検定する関数になります。言葉にするととても難しいのですが、要約するとある商品が規定の範囲内に収まる要領で作られているかなどを調べる関数になります。検定する対象にもよりますが、こうした調査は幅広く使われる内容だと思いますので、これまで調査するのにとても手間取っていたという方は、ぜひこの機会に覚えて今後の作業に役立てて頂ければと思います。動画も配信していますので、Youtube動画もぜひご覧ください!!

母集団とは何ですか?

今回の関数に登場する「母集団」という言葉ですが、あまり聞きなれない言葉ですよね。こちらは、統計学に基づく調査対象となる数値の源泉となる集合体を言います。観察が可能な潜在的な観測値の集合体の事を「母集団」と呼びます。

今回紹介している関数は、どちらも同じことをするための関数なのですが、以前のバージョンで使用されていた関数と、更新された関数の違いになります。結果は同じになりますが、【Z.TEST】(ゼット・テスト)関数が新しい関数になりますので、こちらの関数を活用して頂ければと思います。以前のバージョンも使用することはできますが、一部使用できない機能があったりしますので、要注意です!

【Z.TEST】(ゼット・テスト)関数

入力の仕方は
=Z.TEST(配列,μ0,標準偏差)
の順番で入力していきます。

お菓子や食品など、容量が決まっているものがきちんと決められた揚力に近い状態で作られているかなどを調べる際に用いられる関数になります。

Z.TEST関数

理屈を覚えるのはとても大変化もしれませんが、覚えることができればとても便利な関数なので、ぜひ覚えてください!

まとめ

最後までご覧いただき有難うございます。今回もまた、独特な関数であまり耳にしない関数だったと思いますが、いかがでしたでしょうか。関数の種類にはまだまだ広く知られていない関数が多く存在します。皆さんの周りに関数を熟知している方がいらっしゃったら、今回のこの関数を知っていたか聞いてみてください!もしかしたら、あなただけが知っている関数かもしれません。関数は計算をするだけではなく、効率よくデータを管理したり調べたりと本当に幅広く活用することができます。Excelを活用することが多い日本のビジネスシーンにおいて、関数を知らないことは損をしてしまうこともあるかもしれませんので、Youtube動画とブログを見て頂き、ぜひ自分のものにして頂ければと思います。
普段の生活ではなかなか登場しないレア?な関数もあるかもしれませんので、最後までぜひご覧ください!