パソコン初心者の方にまずは何から始めればいいですか?と聞かれたら、すかさずタイピングとお応えします。なぜかと言いますと、パソコン操作は何をするにも文字を打ち込まなくてはならないからです。パソコンと言われると、WordやExcelなどのアプリケーションソフトを覚えようと思う方が多いと思います。もちろん、それも大事なのですが入力できなければ作業効率は上がりません!そこで、タイピング速度を上げるためのコツをご紹介いたします。コツを掴んでぜひタイピングに磨きを掛けましょう!

タイピング入力速度を上げる3つのコツ

タッチタイピングを速い速度で入力するにはキーボードの配置を覚えることがとても大事です。また、指遣いもとても大事でホームポジションが正しくないと入力に無駄な操作が増え、毎回手元を見るという行動がプラスされるので、視点がずれて誤字脱字が増え、結果的に入力速度が遅くなるという悪循環になります。ですので、タッチタイピングの速度を速くするための3つのコツは①ホームポジションを正しく覚える②手元を見なくても入力できるようにする③視点を変えず、誤字脱字が無いように入力をするの3つが大事になります!

ホームポジションの覚え方

正しいホームポジションを覚える方法は、正しい指遣いを覚えることです。タイピングが遅いと感じる方、誤字脱字が多くBackspaceを押す回数が多いという方は、指遣いがバラバラでどのキーをどの指が打つか安定していないためです。右手と左手が担当するキーは決まっています。キーボードの「TGB」から左が左手の担当、「YHN」から右が右手の担当になります。また、「JF」のキーには突起があり、そこに左右の人差し指を置くようになっていて、そこから中指・薬指・小指を配置してタイピングを行うのが、正しいホームポジションになります。

ブラインドタッチができるようになる練習方法

手元を見ないようにブラインドタッチできるようにするには、先ほど解説をしたようにまずはホームポジションを覚えましょう。正しい指でキーを打てるようにします。そのためには、変な癖がついているという方は、正しい指を使えるようになるようトレーニングが必要になります。初めてという方は練習が必要になります。入力速度を少しでも早くできるようになるには、コツコツと練習を繰り返すことです。一般的に入力速度は、10分間で800文字以上と言われております。お仕事にも繋がるスキルですので、この動画をぜひ参考にしてください!

まとめ

今回はタイピング操作についてでしたが、いかがでしたでしょうか?パソコン初心者という方も、もっとタイピング速度を速くしたいという方も、ご自分の指遣いを確認して頂き、練習をしてみてください。タイピングはコツを覚えることと、あとはひたすら入力練習をすることが大事です。覚え方は様々なですが、入力練習を繰り返して体になじませることが早くなる近道だと思います。